チームスタッフ紹介

医師紹介

中田晃孝

副院長 循環器科部長 中田 晃孝 医師 (なかたあきたか)

1964年 埼玉生まれ
■資格
医学博士 / 日本内科学会認定医 / 日本循環器学会認定専門医
■紹介
1989年東京慈恵会医科大学卒業後、同大附属病院に入局。菊名記念病院循環器科を経て、2000年より三愛病院に勤務。循環器内科部長、2007年より同院副院長。毎年役300例のPCIと血管内治療約60例/年を行なっている。
■メッセージ
これまで年間250〜300例のインターベンションを行なってきましたが、アーカンソーハートホスピタルとの提携により、より多くの患者様の救命に取り組む事ができると考えております。 地域に根付いた医療の提供を目標に、虚血性心疾患をはじめ、末梢血管治療や循環器疾患の早期発見・早期治療にチーム一丸となって取り組んでいきたいと思いますので、宜しくお願いします。


濱田 英明

濱田 英明 医師 (はまだ ひであき) 医師

1971年 大阪府生まれ
■資格
日本内科学会認定医 / 日本循環器学会専門医 日本心血管インターベンション治療学会専門医
■紹介
5,000例以上の心臓カテーテル検査と2,000例以上の経皮的冠動脈形成術の経験を有し、同世代の循環器インターベンション医として世界で最も経験を積んでいる1人。 国内でも症例数が多い関西圏の2つの施設での勤務経験を有す。 2007年HHPJ提携病院に赴任する際に渡米し、アーカンソー・ハート・ホスピタルでブルース・マーフィ博士の指導のもと100例以上の冠動脈および末梢動脈のインターベンションの術者として経験を持つ。
■メッセージ
三愛パートナーズ心臓血管センターにおいて、地域の医療機関と密接な連携をとりながら、と連携をとりながら、虚血性心疾患や末梢血管疾患をはじめ多岐にわたる循環器疾患で、苦しんでいる一人でも多くの患者さまのお力になれるよう、早期診断からカテーテル治療まで、より安全で質の高い、患者さまに満足いただける循環器診療に取り組んでいきたいと考えております。よろしくお願いいたします。


野田亮輔

野田 亮輔 医師(のだ りょうすけ) 医師

1972年 北海道生まれ
■資格
日本内科学会認定医 / 日本循環器学会専門医 日本心血管インターベンション治療学会専門医
■紹介
北海道内の病院を経て2008年より恵寿パートナーズ心臓血管センター(石川県七尾市)に赴任。赴任時に渡米し、アーカンソー・ハート・ホスピタルでブルース・マーフィ博士の指導のもと50例以上の冠動脈および末梢動脈のインターベンションを術者として経験。その後、北陸で最も症例数が多い30歳代の心臓血管カテーテル治療医の一人として活躍し、2011年4月、三愛パートナーズ心臓血管センターに赴任。常に冷静で安全かつ確実な循環器医療を提供している。
■メッセージ
三愛パートナーズ心臓血管センターにおいて、増大する心血管疾患の患者さんの診療に従事すべく赴任してまいりました。当院では患者さんの要望に迅速にお答えすべくスタッフ全員で最高の診療を目指しております。私自身まだまだ患者さんから学ぶ立場ですが、これまで獲得してきた経験・技術・知識とともに情熱をもって診療にあたりたいと考えております。宜しくお願いいたします。治療や検査についてのご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


院長紹介

佐藤政弥

院長 佐藤 政弥(さとうまさや)医師 心臓血管外科 

■資格
1996年日本外科学会認定医取得
2000年日本胸部外科学会認定医(心臓・大血管)取得、
2002年日本外科学会専門医取得
2004年心臓血管外科学会胸部外科学会血管外科学会合同心臓血管外科専門医取得
■紹介
杏林大学病院心臓血管外科出身。 1997年~98年自治医科大学付属大宮医療センター心臓血管外科にて研修、2年間で開心術36例、腹部大動脈瘤手術30例以上を経験し、これまで150例以上の開心術を経験した。その1997年から非常勤として三愛病院に勤務し、2005年に常勤として勤務。2010年に院長に就任。
■メッセージ
循環器疾患を中心に、心臓血管外科疾患、一般外科疾患、さらに「患者さんの全身管理を念頭に置き・・・」という当院の基本方針に沿って、総合診療科として地域住民の方々の健康管理に努めております。とはいえ心臓血管外科医であり、このたびのHHPJとの提携による三愛パートナーズ心臓血管センター(SaPCVC)の取組においては、院長としてはもちろん心臓血管外科医として、積極的に取り組んでいきたいと考えております。


  • チームスタッフのご紹介
  • 採用情報
  •  Heart Hospital Partners of Japan
  • お問合せ