採用情報

循環器内科医の募集

三愛パートナーズ心臓血管センターの診療におけるポリシーは、医師とスタッフの全員が等しく自分の患者様に関する診断とインターベンションを含む治療を自分で行えるよう環境を整えることです。 当センターでは、最先端のインターベンションを始めとする様々な手技を積極的に行い、専門スタッフと共に先進的な循環器医療を築ける環境を求めている若手(30~40歳代)の循環器内科医を求めています。

  1. 米国の先進的な循環器病院でブルース・マーフィ博士の指導に基づく実践的トレーニングを全勤務医に提供します。またカテ室でのコメディカルとの協力や院内ワークフローなどに対する研修も行います。
  2. 米国側のスタッフが当センターに来日して助言や指導も行います。
  3. 循環器医の労働条件をより良いものとするために全面的なサポートを行います。医師の雑用を極力減らし、検査・治療に専念できるような環境作りを積極的に推進しています。

看護師の募集

  1. 研修風景1当センターでの業務は以下になりますが、可能な限りご本人の希望を優先します。
     [1] センター病棟勤務
     [2] センター外来勤務
     [3] カテーテル室勤務
  2. 業務に当たり、下記の教育とトレーニングを提供します。
     [1] 急変時に備えるためのAHA BLS/ACLSトレーニング
     [2] 日常診療に役立つ心電図判読トレーニング
     [3] 循環器疾患に関する臨床講義
     [4] その他、看護業務に役立つ講義やトレーニングを要望により行います。
     [5] 関連施設でのトレーニング(アーカンソー・ハートホスピタル、恵寿総合病院、北斗病院)
  3. 研修風景2米国の循環器専門施設の見学
    当センターは、米国の先進的な循環器専門病院の院長であるブルース・マーフィ博士の指導のもと、そのノウハウを積極的に取り入れています。当センターの専任スタッフには、米国での施設で専任通訳(元看護師、米国在住日本人)が付いて専門的かつ実践的な見学をしていただきます。
    見学は単なるツアーで終わるのではなく、ご自分の興味もしくは自分の担当業務に関しての実践に役立つ充実した内容です。
  4. 当センターでは、チームワークを重視しています。治療方針のみならず、勤務や業務内容に関してもチームとしての話し合いのもとに進めています。
  5. 当センターでは、業務から雑用を極力減らし、本来の看護業務が出来るような環境作りを推進しています。

採用に関するお問い合わせ先

当センターにご興味のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

三愛パートナーズ心臓血管センター

採用担当 経営推進管理部 ●●●
TEL ●●●(代表)
E-mail ●●●
URL ●●●

当センターの常勤循環器医師に直接ご質問頂いたり、お話し合い頂く機会を設けることも可能です。また、当センターへの訪問や、システムの見学なども随時歓迎いたします。

  • チームスタッフのご紹介
  • 採用情報
  •  Heart Hospital Partners of Japan
  • お問合せ